ねじ的まとめサイト爪'ー`)y‐

( ^ω^)ブーン系小説まとめています 依頼とか受けたり短編まとめたり、色々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
17 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/08/06(月) 23:34:43.52 ID:z5Jv2gdr0
流れ読まずに投下する

お題
・箱
・犬
・空




19 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:36:56.46

ID:z5Jv2gdr0
('A`)「おー、綺麗なもんだな」


星の輝く夜。

胸騒ぎの収まらないドクオは、一人庭先で夜空を見上げていた。

都会ではもう見られないと思っていた星空。
それが今夜はくっきりと見えている。


('A`)「あー、やっべ、寝られねぇなこれは」

髪の毛を掻き毟りながら独り言を漏らすドクオ。
落ち着きのない様子で、ぐるぐると辺りを歩きまわる。

庭に一本だけ植えられた大きな松の木。
幼い頃から自分を見守っていたこの家のシンボル。
彼はそれに手を付いて、小さな溜息をついた。


22 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:38:53.16

ID:z5Jv2gdr0
ミセ*゚ー゚)リ「兄さん、こんな所にいたんだ」

後ろから聞こえてきた声。
ドクオははっとして、慌てて振り返った。

ミセ*゚ー゚)リ「早く寝ないと式の時間までに起きられないよ?」

('A`)「んあぁ、大丈夫だって。普段もあんま寝てねぇし」

声の主であるミセリ―――妹に返答する。


ドクオを悩ませる原因。
それは明日行われる妹の結婚式のせいだ。


箱入り娘として家族の愛を一身に受けた妹が、あと数時間後には嫁いでいく。
そう考えるとドクオは不安で仕方がなかった。

('A`)「お前こそ寝た方がいいんじゃないか? 式の主役だぜ」

ミセ*゚ー゚)リ「平気だよー。もう子供じゃないもん」

('A`)「いやいや、ここは万全を期してだな……」

ミセ*゚ー゚)リ「兄さんは相変わらず心配症だねw」


25 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:41:01.08

ID:z5Jv2gdr0
無邪気に笑ってみせるミセリ。
ドクオはそんな妹の顔を見て、少し照れくさくなる。


('A`)「しかしあれだな、とうとうこの日が来ちまったんだな」

空を見上げたままミセリに話しかける。

('A`)「少し前まで子供だったような気がするのに、今や人様の嫁になるのか」

ミセ*゚ー゚)リ「ふふ、変な感じ?」

('A`)「……ああ、そうだな」


幼き頃の日々を思い出す。
何も知らずに二人であちこち走り回った。

そして今。
あの屈託のない笑顔の少女が、こうして立派に成長して立っている。

ドクオは綺麗になった妹の姿を見て、感慨深げに思い出に浸った。


27 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:43:12.42

ID:z5Jv2gdr0
人並の家庭で人並の生活を送ってきた。

そんな彼の人生を彩ってきたのは、大事な大事な、たった一人の妹。


('A`)「……結婚、か」

ぼそりと呟くドクオ。

ミセ*゚ー゚)リ「寂しい?」

('A`)「うるせぇ、そんなんじゃねぇよ」

ミセ*゚ー゚)リ「本当かな~?」

('A`)「俺だっていつまでも子供じゃねぇんだぞ」

何気なく吐いた言葉。
だがそれは本心とは遠く離れたものだった。


本当は寂しくて。
心にぽっかりと穴が空いたような気分に陥っていた。


29 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:45:22.07

ID:z5Jv2gdr0
('A`)「そういや、お前は昔は俺にべったりだったよな」

ミセ*゚ー゚)リ「え~、そうかな?」

('A`)「そうだって。毎日『お兄ちゃん、お兄ちゃん!』って俺の後ろを追いかけてたぞ」

ミセ*゚ー゚)リ「うーん、そう言われるとそうだったかも」


仲の良い兄妹。
それが二人に対する周囲の印象だった。

いつもミセリは兄に付いていき、ドクオは可愛い妹を優しく扱っていた。


それが今では立場は逆。
ミセリのことを引きずっているのはドクオの方だ。


('A`)(……俺が、妹離れ出来てねぇんだろうな……)

ミセ*゚ー゚)リ「―――ねぇ、兄さん」

('A`)「ん? 何だ?」


30 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:47:13.85

ID:z5Jv2gdr0
ミセ*゚ー゚)リ「兄さんは、私が結婚して寂しくないの?」

突然の一言にドクオは一瞬戸惑った。

('A`)「……お前はどうなんだよ」

結局答えることは出来ず、話題をミセリに振る。

ミセ*゚ー゚)リ「私は……やっぱり、寂しいな。兄さんと離れ離れになっちゃうから」

('A`)「ばかやろう、盆と正月になったら会えるだろうが」

ミセ*゚ー゚)リ「それはそうだけど……」

('A`)「大体、もうお前は妻になるんだぞ? そんなことでどうする」

自分の心に嘘をつきながら、ドクオはミセリを諭す。


寂しいのは、俺もだよ。


彼の思うことはそれだけだった。


32 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:49:20.66

ID:z5Jv2gdr0
ミセ*゚ー゚)リ「……うん、そうだよね」

暗い表情を消し去って、再び笑みをこぼす。

('A`)「ああ、そうだ。やっぱりお前は笑っているのが一番だよ」

ミセ*゚ー゚)リ「兄さんはいつも不機嫌そうだけどねw」

('A`)「うっせぇw」

くすくすと笑い合う二人。

けれども、ドクオは心の中では泣いていた。
この穏やかな時間は、すぐにでも過ぎ去ってしまうから。

('A`)(こんなことじゃ、披露宴の挨拶では号泣しちまうな)

そんな事を考えながら、ドクオはぽりぽりと頭を掻く。
ミセリは星を眺めていた。


兄妹はいつまでも兄妹のままなのだろう。
そう思えてくるほどに、二人が並んでいる姿は微笑ましかった。


33 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:51:42.13

ID:z5Jv2gdr0
ミセ*゚ー゚)リ「……兄さん」

これまでと少し違う口調でミセリが兄に語りかける。

('A`)「なんだ? 急にかしこまって」

ミセ*゚ー゚)リ「兄さん、今まで有難うございました」

('A`)「っ……」

ミセ*゚ー゚)リ「私、ミセリは明日をもって嫁いでいきます。
      ……ここまで何事もなく平和に生きてこれたのも、
      父さん母さん、そして兄さんのおかげです。
      本当に、お世話になりました」


それはミセリの巣立ちの挨拶。
一つ一つの言葉がドクオの胸を打つ。


ミセ*゚ー゚)リ「そして……」

ミセ*;ー;)リ「……そして、私は幸せになります。
       兄さんと過ごした日々のように、楽しい毎日を過ごせるよう、願い続けます。
       だから、兄さんに、感謝の気持ちを一番に伝えます。
       ……ありがとう、お兄ちゃん」


37 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:53:52.35

ID:z5Jv2gdr0
込み上げてくる想いで一杯になるドクオ。
涙腺が緩みそうになるのを、ぐっと我慢してミセリに答える。

('A`)「……泣くんじゃねぇよ、ばかやろう」


兄として出来ることは、一つしかなかった。


('A`)「幸せになるんだろ? だったら笑えよ。
    お前が泣いていたらこっちまで悲しくなっちまうぜ。
    だからよ、笑いな。
    言っただろ、お前は笑顔でいるのが一番だ」


そう言って、そっとミセリの肩に手を置く。


('A`)「それによ、今生の別れみたいに言うんじゃねぇ。
    ……お前はいつまでも俺の妹だよ」

ミセ*うー゚)リ「兄さん……」

('A`)「辛かったら、いつだって甘えてくれよ。
    俺はまだお前にべったりなんだからな」


39 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:56:00.91

ID:z5Jv2gdr0
('A`)「あー、なんか湿っぽくなっちまったな!」

両手を上げて空元気な声を上げるドクオ。
そんな兄の姿を見て、ミセリも笑顔になる。
晴れやかな、心の底からの笑顔だった。

('A`)「おい、星を見ろよ! すげぇ綺麗じゃね?」

ミセ*゚ー゚)リ「ふふ、本当だね」

('A`)「ほら、夏の大三角形だ。……つっても、それしか分からねぇけどな」

ミセ*゚ー゚)リ「私知ってるよ。
      夏の大三角形はシリウス、ペテルギウス、プロキオンから成ってるんだよね」

('A`)「ほぉ、そうなのか」

ミセ*゚ー゚)リ「それでね、プロキオンはこいぬ座を形作る二つの星のうちの一つなんだよ」

('A`)「……全然分かんねぇ」

ミセ*゚ー゚)リ「でも、凄い綺麗だよね~」

('A`)「そうだな、綺麗だ」


40 名前: ('A`)は祝福するようです 投稿日: 2007/08/06(月) 23:57:48.97

ID:z5Jv2gdr0
煌く夜空が眼前に広がっている。
何よりも美しい自然のパノラマを、ドクオは満喫していた。


ミセ*゚ー゚)リ「……そういえば『プロキオン』って名前、ちゃんとした意味があるんだよ」

('A`)「ん? 何て意味なんだ」

ミセ*゚ー゚)リ「ふふ、それはね。
      『先立つ者』って意味だよ」

('A`)「……」

ミセ*゚ー゚)リ「お兄ちゃんも早くお嫁さん見つけた方がいいよw」

('A`)「うっせ、余計なお世話だw」

また二人、幾数もの星の下でけらけらと笑いあった。


ドクオは思う。

言葉にするのは恥ずかしいから、心の中でそっと言うよ。


結婚おめでとう、ミセリ。





総合に投下されたものです。
川 ゚ -゚)ブーン系小説練習+読み物&イラスト総合案内所のようです


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mixboon.blog116.fc2.com/tb.php/7-dc365355

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。