ねじ的まとめサイト爪'ー`)y‐

( ^ω^)ブーン系小説まとめています 依頼とか受けたり短編まとめたり、色々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
130 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/07/23(月) 03:54:56
第15話 とある一日の生活


いつもと変わらない日常。

太陽はいつもと同じように昇るし、雲も気持ち良さそうに泳いでいる。
そう、なにも変わらないのだ。俺たち以外は。


('A`)「えーと……」

( ^ω^)「どうしたんだお?」

ξ゚⊿゚)ξ「まさか道に迷ったなんて言わないわよね?」

川 ゚ -゚)「もしそうならぶっ殺す」

(;'A`)「ちょwww殺すなよwww大丈夫だってwww」


ハンドルを切り、右に曲がる。そこに現れたのはきれいな砂に、美しい海。
みんな気持ち良さそうに泳いでいた。

適当なところに車を止め、道具を取り出したあと水着に着替える。
あたりまえのように俺たちは女性陣のもとにいく。

もちろん着替えを覗くためだ。


131 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/07/23(月) 03:55:10

('A`)「ふひひwwww」

(*^ω^)「お主も悪よのう」


海には更衣室なんてないため、そこらへんで着替えるのが普通なのだ。
ツンもクーも、茂みのなかに入り込み無邪気に着替えあっている。


ξ゚⊿゚)ξ「またあんた胸が大きくなったわね」

川 ゚ -゚)「最近、着る服全てがきつくなってきた気がすると思ったら……」

ξ゚⊿゚)ξ「なに?私への宣戦布告?」

川 ゚ -゚)「君と争っても得るものは何もない」

ξ#゚⊿゚)ξ「あー、そう」


ツンは素早く水着に着替え、その場を後にする。
残されたクーは、おとなしくその後姿を見届けていた。


132 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/07/23(月) 03:55:25

川 ゚ -゚)「おまえら、いるんだろう?」

('A`)(やべ……)

(;^ω^)(気まずいお……)

川#゚ -゚)「怒らないから出てコイや!!」


クーは俺たちがいる茂みに向かい、大きい石を投げる動作をする。
やばい……、あの眼は本気だ!!


(;'A`)「すすすすすみません!!!」

(;^ω^)「許してくれお!!!」

川#゚ -゚)「………」

(;'A`)「ブーンが覗こうといったんです!! 僕は悪くありません!!」

(;^ω^)「おまwwwwひどいおwwww」


あーだこーだやっているうちに、クーの怒りは収まったようだ。
怒りが消えた代わりに哀しみが出てくる。


133 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/07/23(月) 03:55:38

川 ; -;)「ツンとケンカをしてしまった……」


クーの頬からは涙が流れ、泣き声を上げていた。
普段感情を表すことの少ないクーのその涙に、俺は驚いた。


(;'A`)「………」

(;^ω^)「クー、元気出すお」


ブーンがクーの肩に手をかける。
しかし依然としてクーは泣き止まない。

その空気に耐えれなかった俺は、逃げるように口を開いた。


(;'A`)「お、俺……ツンを探してくるよ」


二人の返事も聞かずに飛び出す俺。
なんだか後ろめたかった。


134 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/07/23(月) 03:56:15

その数秒後、ツンの後姿をみつけた。こちらも同じように、茂みの中で泣いている。
やれやれ、どっちにいこうとも同じ結果だったか。


('A`)「おいツン。クーも反省してるみたいだし、向こうにもどろ……」


途端、後ろに違和感を感じた。いままでに味わったことがない鋭い痛み。
顔を後ろに向けると、信じられない光景を見てしまった。


川 ゚ -゚)「まさか、二股していたとはな」


クーの手にはナイフが握られている。その刃には赤い液体。
まぎれもなく、俺の血液だ。


(;'A`)「ちょ……おま……なにやって……」


痛い。こんどはツンが俺の足にナイフを刺している。
おぞましいほどに、憎悪を込めた表情をしていた。


ξ゚ -゚)ξ「あなた、最低よ」


また、血が吹き出た。


135 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/07/23(月) 03:58:08

(;'A`)「ご、誤解だって……っぐッ!!」


なんだよ、なんだよ、お前まで俺が憎いのかよ。
幼いころからの親友は、みたことがない顔をしている。まるで鬼だ。


( ゚ω゚)「ツンと僕はお似合いだとかいっときながら……」

(;'A`)「や、やめろ……」


痛いなぁ。そんなに刺すなよ。
身体中に定期的にくる痛みに、俺はなんだか人事のように感じた。

太陽はきょうも眩しいし、空も青い。それは今日も変わらない。
だけど、俺たちの関係は変わってしまった。


―― キ ョ ウ モ オ レ ハ 、 コ イ ツ ラ ニ サ サ レ テ イ ル ――


それだけは、今日も変わらない。


136 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/07/23(月) 03:58:32

('、`*川「というお話だったとさ」


また一本、蝋燭から炎が消える。


(´・ω・`)「う~ん……」

( ゚∋゚)「ドクオ遅いぞ。酒とツマミだけにどんだけ時間かけてやがる」

( ^ω^)「なんだかよくわからないお」

('、`*川「理不尽な恐怖が、良いとおもわない?」

(´・ω・`)「つーかさ、君いつきたの?」

('、`*川「なんか作者、キャラが出すぎて召集つかなくなっちゃって、\(^o^)/状態らしいわよ」

( ^ω^)「理由になってないお」

('、`*川「それでね、もうわけわかめなら私も出すかってなったらしい」

(´・ω・`)「一番怖いのは作者の頭のなかだね」

( ^ω^)「いえてるいえてる」

('、`*川「じゃー次、内藤くんいってみよっか?お題は責任ね!!」


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mixboon.blog116.fc2.com/tb.php/23-f99af035

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。