ねじ的まとめサイト爪'ー`)y‐

( ^ω^)ブーン系小説まとめています 依頼とか受けたり短編まとめたり、色々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
121 :キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/20(金) 16:50:55
「風鈴」

ある夏の日。
縁側にて涼んでいる、とある老夫婦がおりました。

('、`*川「おじいさん、今日も暑いですねぇ」

/ ,' 3「あぁおばあさん。とても暑いのう」

('、`*川「えぇ……でも」

チリンチリーン

('、`*川「風鈴の音が、気持ちいいですね」

/ ,' 3「風が来るからのぅ」

チリンチリーン

おばあさんは思いました。
夏は何て良いものなのか、と。


122 :キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/20(金) 16:51:15
そんな、風鈴の鳴る日がいくつか続くと同時に、
おじいさんの気分は沈んでいきました。

そして、ある日おばあさんは問いかけました。

('、`*川「おじいさん、具合でも悪いのですか?」

/ ,' 3「あぁ……おばあさん、これを……」

おじいさんは自分の懐から何かを取り出し、
おばあさんに手渡しました。
それは、手紙でした。

('、`*川「これは……?」

/ ,' 3「少し前にな……」

おばあさんは、既に開封済みのその手紙を見ました。


"  うるさい  "

手紙には、それしか書かれていなかった。



123 :キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/20(金) 16:51:51
('、`*川「何か、騒がしいものでもあるのでしょうか……?」

おばあさんは、家を見渡す。
洗濯機、風呂、台所……
テレビも見ないこの老夫婦の家には、目立って"うるさい"ものは無かった。

/ ,' 3「……さぁの」

この手紙の主は、何か勘違いをしてるのではないか……
おばあさんは、そんなことを考えていた。


次の日。


おばあさんは早起きして、玄関を掃除していたところ、
郵便受けに手紙が入っているのを発見した。

あの手紙と、同じ形状のものだ―――
おばあさんは嫌な予感を感じながらも、手紙を開いた。


" うるさいと 言っているだろう "

手紙には、それしか書かれていなかった。


124 :キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/20(金) 16:52:42
おばあさんは、段々と恐怖を感じていった。
何故、何が、 全く意味が分からないのだから。

おじいさんが目覚めたので、早速おばあさんは報告をする。

('、`*川「おじいさんおじいさん! 今日も来ましたよ」

寝ぼけ眼のおじいさんは、こう答えた。

/ ,' 3「何がうるさいのか、考えにゃぁ……」


しかし、まだおばあさんには、何がうるさいのかが分からない。

チリンチリーン。風鈴の音が響いても、おばあさんの心は癒されなかった。


昼になり、宅急便が届いた。
送り主は、不思議なことにおばあさんの実家表記だった。
もう、無いはずなのに……

おばあさんは、当惑しながらも、その宅急便のダンボールを開けた。


125 :キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/20(金) 16:53:08
"  うるさいと言っているだろう!  "

ダンボールを開けるとまず、その言葉が記されてる紙が見えた。
そして、その奥には


('、`*川「いやぁぁぁああああああああ!!!!!」



目を、見開き、それは呪いを連想させるかのような表情。

血塗られた胴体、ダルマのように、手足も尻尾もない。



ネコの死体が、存在していた。


126 :キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/20(金) 21:12:40
おばあさんは、段々と衰弱していった。
「何がうるさいのか」、「誰が送り主なのか」が口癖となるほどに。


警察に連絡しても、その犯人は分からず。

そんな、虚ろになっていくおばあさんを支えたのは、
おじいさんだった。

/ ,' 3「おばあさん、大丈夫じゃ。ワシが守ってあげるからの」

('、`*川「おじいさん……」

そして鳴る風鈴。
おばあさんは僅かながらも、救われた。


しかし、嫌がらせは止まらない。
あのネコの死体から切り取った、手足が一本ずつ家の目の前に置かれていったり
カミソリの入った封筒が届いたり。


そして、そんな異常な毎日が続くある日。

突然おじいさんは、死んだ。


127 :キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/20(金) 21:13:30
葬儀は慎ましやかに行われた。
それはおじいさんの人生を表すかのような、葬儀だった。
死因は老衰。



おじいさんがお墓に入れられた頃から、

手紙や、嫌がらせは届かなくなりました。

しかしおばあさんは、おじいさんの死んでしまったというショックのせいで、
そんなことは忘れてしまっていました。



('、`*川「おじいさん……」


風鈴がチリンチリーンと鳴ります、まだ夏は終わっていません。

そして、ある日おばあさんは、おじいさんの部屋にて
あるものを発見しました。



128 :キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/20(金) 21:13:51
('、`*川「これは……?」

それは、机の引き出しにありました。
大量の手紙、それも あの嫌がらせの手紙と全く同じタイプの。

そして、その引き出しの奥。
一冊のノートがありました。


('、`*川「………」

おばあさんは、震える手でそのノートを開き、
の ぞ き こ み ま し た 。


"おばあさんが、いくら言ってもあの風鈴を外してくれない。
うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。
うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。
うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。
うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。
うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。
うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。
うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。
うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。
うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。
うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。うるさいのに。

うるさいのに。うるさい。うるさい。死ね。死ね。死ね。"


129 :キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/20(金) 21:21:01
( ゚∋゚)「っつー話なわけよ」

('A`)「あんた連続で話してたんですか」

( ^ω^)「何でおじいさん直接言わないのかお?」

(´・ω・`)「そういう人もいるさ、恥ずかしがり屋とかね」

( ^ω^)「そんなもんかお」

( ゚∋゚)「おうドクオ、酒とツマミ買ってこいや」

('A`)「あんたまだここに居るつもりですか」

( ゚∋゚)「ほんだらな、次のお題は「とある一日の生活」でどうじゃ。
     それとなドクオ、俺はビール嫌いじゃけえ、買うんは日本酒な」

クックルは蝋燭に唾を吐きかけ、その火を消す。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mixboon.blog116.fc2.com/tb.php/22-1207385d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。