ねじ的まとめサイト爪'ー`)y‐

( ^ω^)ブーン系小説まとめています 依頼とか受けたり短編まとめたり、色々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

100 : ◆3m0SptlYn6 :2007/07/19(木) 20:57:58


('A`)「あ、今思い出したんだけど、
    俺の知り合いに若年性白血病の奴がいたんだ」

(;^ω^)(またお前かお…)


('A`)「まぁ、ありきたりなんだが、親同士が友達で、
       産まれた病院から一緒の奴だった」


目の前に並んでいる無数のロウソクが、一瞬揺らめいた気がした。







そいつが白血病だと判ったのは3歳の頃。

医者には、10歳のまでは生きられないと言われてたらしい。


( ・∀・)「ドッくん、今日はなんのゲームする?」



モラ君は12歳になっていた。



101 : ◆3m0SptlYn6 :2007/07/19(木) 20:58:30


なかなか家を出ることが出来なかったモラ君は、
友達は俺だけ。

遊ぶ時も殆んど部屋でゲームばっかりだった。


( ・∀・)「また、僕の勝ちだね」


モラ君はゲームがすっげぇ上手くて、
俺が勝った記憶なんて殆んどない。

そんなモラ君も、体調が良いときは学校に来ていたが、
最近、体調を崩して休みが続いていた。


( ・∀・)「ドッくん……明日も…その…」


「明日も遊ぼうね」

これが、いつもの俺らの別れの挨拶だった。


モラ君は髪の毛がない。

抗生剤の副作用ですべて抜け落ちている。

学校で、授業中も帽子の着用を認められている唯一の存在だった。



102 : ◆3m0SptlYn6 :2007/07/19(木) 20:58:49


そんなある時、俺はモラ君から告白された。


( ・∀・)「ねぇドッくん。好きな人っている?」


当時、俺は男女関係に疎く、好きと言える人はいなかった。

そしてモラ君に、「クラスのツンちゃんの事が好き」

と告白されたんだ。


正直、どうにもならないと思ったけど、
どうにかしてあげたい。

って思った。

矛盾してるけどな、はは



それから、モラ君の改造計画が始まったんだ。


帽子が似合うカツラを探して、オシャレな服も買った。

二人のお年玉が全部無くなっちゃったけど。



103 : ◆3m0SptlYn6 :2007/07/19(木) 20:59:07


    _
ノノ・∀・)




そうして全部着用したモラ君は、
元の素材が良かったんだろう。

格好良かった。



    _
ノノ;・∀・)  「ま、ま、前から好きでした。
          友達になってください」

ξ;゚⊿゚)ξ「……」


あまり人と話すのは得意じゃなかったモラ君。

彼なりの精一杯の言葉だった。


ξ//⊿//)ξ「よ、喜んで」(カッコイイ……)


こうしてモラ君の友達が二人に増えた。

あの時のモラ君の笑顔は、今も忘れられない。



104 : ◆3m0SptlYn6 :2007/07/19(木) 20:59:24


三日後



告白?したその翌日にモラ君は容態が急変して、
二日間昏睡し、そのまま逝ってしまった。


告白の翌日、学校でツンちゃんがこう言っていた


ξ*゚⊿゚)ξ「昨日ね!すっごいカッコイイ人から声かけられたんだー」


モラ君は、ツンちゃんと友達になった。


ξ゚⊿゚)ξ「でも、連絡先聞いてなかったなぁ……」


だけどツンちゃんはモラ君とは友達になって無かったんだ。







('A`)「なぁ…モラ君は幸せだったのかな?」

(# ^ω^)「モラ君だと気付かないなんて、その女の子は酷いお!」

(´・ω・`)「確にその女の子は酷いと思うけど、
        モラ君は幸せだったんじゃないかな?」


('A`)「何故……そう思う?」


105 : ◆3m0SptlYn6 :2007/07/19(木) 20:59:49



(´・ω・`)「だってさ、人間ってなんとなく毎日を生きてるじゃん?」

( ^ω^)「確かに……」

(´・ω・`)「でも、モラ君は短い人生ながらも、
         最後に納得のいく死を迎えられたと思うんだ」

('A`)「一方通行の納得だけどな」

(´・ω・`)「いいじゃない、一方通行でもさ。
        彼の12年間はなんとなくじゃなく、精一杯生きたんだろう」

('A`)「短い人生でも、なんとなく生きてる俺より、
       モラ君の方が幸せだったのかもな」

(´・ω・`)「セミだってさ、何年も一人で土の中で過ごして、
         成虫したら7日間の命を精一杯生きるんだよね」

( ^ω^)「ショボン、物知りだお!」

(´・ω・`)「セミなんかを引き合いに出しちゃって失礼だとは思うけど、
         生き様は皆一緒だと思うんだ」

( ;ω;)「おっ……生きてる今が大事なんだおね」

(´・ω・`)「僕達人間は、一番不幸せな生き物なのかもね」

('A`)「……」

( ^ω^)「……」



106 : ◆3m0SptlYn6 :2007/07/19(木) 21:00:04


('A`)「まぁ全部、作り話なんだけどな」

(´・ω・`)「……」

(# ^ω^)「てめーは俺を怒らせた!」


その時、ショボンが窓から外を指差して言った。


(´・ω・`)「お、『浴衣』を着た綺麗なお姉さんが」


(*^ω^)「どこどこ?」('A`*)


だがショボンは明るく振る舞うドクオの頬に、
一筋の涙が流れたのを見逃さなかった。


窓から吹き込んだ風で、ロウソクの火が一本



フッ と消えた



残り87本


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mixboon.blog116.fc2.com/tb.php/20-71e87243

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。