ねじ的まとめサイト爪'ー`)y‐

( ^ω^)ブーン系小説まとめています 依頼とか受けたり短編まとめたり、色々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


94 :感情喰う ◆OTZxCCpfj .:2007/07/19(木) 18:12:37
11『浮き輪』


('A`)「今から話すのは、俺の友人から聞いた話だ」

話を始める前に、ドクオが意を直すように言った。
今更なんだ、と2人は怪訝な顔を浮かべる。

(´・ω・`)「なんだい改まって」

('A`)「本当にあった事か。それは定かじゃあねぇが、
     その友人が言うには“体験談”だそうだ……」

そこまで言うとドクオは、深く息を吸い、吐き出し、また深く吸った。

('A`)「……」

(´・ω・`)「……」

時間が止まる。

早く吐き出せよ、と心で思いながら、ショボンも釣られて息を止めた。

('A`)「……」

(´・ω・`)「……」


95 :感情喰う ◆OTZxCCpfj .:2007/07/19(木) 18:13:55

('A`)「……ふぅ」

(´・ω・`)「……ふぅ」

('A`)「……まぁ、それを念頭に置いて、今から言う話を聞いて欲しいって事だ」








('A`)「時は中世」

(;´・ω・`)「中世!?」

('A`)「VIP帝国はその領土を増やす為、村々を焼き払い……」

(;´・ω・`)「いやいやいやいや、ちょっと待てよ!」

('A`)「……何?」

(;´・ω・`)「おかしいでしょ中世って!!
       15世紀とか16世紀だよ!? その人500才なの!?
       ていうか絶対体験談じゃないじゃん!! どんな生き証人だよ!!」

( ^ω^)「ショボン」

(;´・ω・`)「え?」

( ^ω^)「黙れお」

(´・ω・`)「あ、あぁ……すまない」


96 :感情喰う ◆OTZxCCpfj .:2007/07/19(木) 18:14:53

('A`)「……続き話してもいいか?」

( ^ω^)「おk」

(´・ω・`)(中世……)


('A`)「VIP帝国は自分達に歯向かうものは許さなかった。
     だが決して民に優しい環境でもなく、帝国への不満は少なくはなかった」

(´・ω・`)(VIP帝国ってどこだよ……)

('A`)「VIP帝国の領土は馬鹿みたいに広い。
     帝国兵の監視も行き当たらない村もあるわけだ」

('A`)「その村の名は糞スレ村。人口100人にも満たない、小さな村さ」

(´・ω・`)「……」

('A`)「その糞スレ村では日夜、帝国への反乱を企てる者が居た――――」

(;^ω^)「くそっ! 帝国め……。
       過度な税を取りやがって……!」

(´・ω・`)「……へ?」

('A`)「名をマルボロ。
    母を帝国兵に殺され、復讐の為に反乱を企てる男」

(;^ω^)「許すまじVIP帝国……!!」


97 :感情喰う ◆OTZxCCpfj .:2007/07/19(木) 18:15:35

(´・ω・`)「いや、ブー……え? 何コレ?」

('A`)「マルボロは寝る事もせず、ただひたすらに反乱の策を考えていた。
     そんな時、ある吉報が彼の耳に入る」

( ^ω^)「なに!? VIP町で王の公衆演説だと!?」

('A`)「そう。
     城下町であるVIP町で、ほとんど人前に出る事のない王が現われる。
     当然マルボロはこの機会を見逃す事なく、仲間を集め王討伐を決めたのだった――――」

(´・ω・`)「もはや話じゃねぇよ……」

(;^ω^)「誰か!! 誰か俺と一緒に、王を討とうという人間はいないか!!」

('A`)「マルボロは糞スレ村を駆け回り、仲間を探した。
     村一番の屈強な男、村一番のアルファベット職人、村一番の死ねない男……色々尋ねた」

(´・ω・`)「村二番の死ねない男、見てみてぇよ……」

('A`)「しかし、帝国兵の力の強大さは有名で、結局村から討伐兵は出なかった……」

(´・ω・`)「マルボロカワイソス」

( ^ω^)「で・も・大丈夫~♪」

(´・ω・`)「ミュージカルだったのか……」


98 :感情喰う ◆OTZxCCpfj .:2007/07/19(木) 18:16:59

( ^ω^)「僕・は・一人・ででも~♪
       帝国兵を~皆・殺・し・に~してやるお~♪」

('A`)「マルボロは歌い踊りながら、VIP町を目指した。
     その足音がリズムを刻み、その心音が歌を奏でる」

(´・ω・`)「……」

('A`)「そのままマルボロは風となって消えていきましたとさ……」


99 :感情喰う ◆OTZxCCpfj .:2007/07/19(木) 18:17:31


('A`)「これで俺の話は終わりだ」

(´・ω・`)「……お題は?」

('A`)「皆の輪から、浮く。
     浮く、輪。浮き、輪。浮き輪……」

('∀`)「……ってね」

言い終わるとドクオはおもむろに立ち上がり、ズボンとパンツを脱いだ。
そのまま蝋燭の前まで行くと尻を向け、屁を放つ。

('A`)「熱ッ……」

ドクオの放屁により蝋の火は消え、11本目の話は終わりを告げた。


('A`)「次はセミな」


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mixboon.blog116.fc2.com/tb.php/19-c20fc488

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。