ねじ的まとめサイト爪'ー`)y‐

( ^ω^)ブーン系小説まとめています 依頼とか受けたり短編まとめたり、色々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

25 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:38:54
第三話「お題 カラス」

早朝。日はまだ出ていない。何せ今は5時ですらない。

8月某日。 薄暗い水色の空の下、俺は悠々自適に散歩をしていた。


この季節には貴重な涼しい風を、何度も体に受け止めながら
俺はコンビニで買ってきたビール缶を一つ、プシっと開けて豪快にグイと飲む。

( ゚∀゚)「っぷはぁー。ツマミがなくっても、一発目は最高だな」

誰に聞こえるわけでもない。
俺は特に気にせず、決して小さくない声で一人言を発する。

散歩という健康な行いと。朝っぱらからのアルコールという不健康な存在。
このちぐはぐな矛盾具合に、俺は少しばかり笑ってしまう。

目の前のベンチに座り、更にもう一飲、豪快に喉に流し込んだ。

( ゚∀゚)「っかぁー! やっぱ朝のビールは格別だぜぇ!」


……流石に大声を出しすぎたか。
カラスの群れが鳴き声を発しながら、遠くの電柱へと向かっていく。

――……ん?
 目の前に、白い鳩が一匹、苦しそうによろよろと歩いていた。

(;゚∀゚)「……っておい! 怪我してんじゃねぇか!!」

その鳩は、よく見ると赤い鮮血を脇から垂らしていた。
俺はビール缶をベンチに置くと、急いでその鳩へと走り出した。。。


26 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:39:59
……とりあえず、包帯を巻いておいた。
まだ飛べるような、いや外に出せるような状態ではない。
俺はひとまず、この鳩を飛べるまで保護しようと考えた。


( ゚∀゚)「……とりあえず、水をあげとくか」

更に水を並々盛り、鳩の目の前に差し出す。
鳩は自分が怪我をしているのを、まるで遠慮しないほどに勢いよく飲みだした。


( ゚∀゚)「……へ。可愛いもんだな」

その鳩を俺はしげしげと観察した。
愛くるしい、黒のくりくりとした目に俺は引き込まれそうになる。

( ゚∀゚)「……ん?」

よくよく見てみると、その鳩には不思議な特徴があった。
それは、右足だけ異常に太いのだ。
左足と比べても、2倍近くあるソレは、何とも奇妙でアンバランスなものであった。

( ゚∀゚)「……奇形って奴か?」

ふぅーン……ま、いいや。
 あ! そろそろ学校に行く時間だ。身支度をしないとな。


27 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:40:59

制服を着て、財布 ケータイ ウォークマンの確認。
よし、 鞄を肩に背負い、俺は準備を済ませた。

1階に下りて、母さんに挨拶をする。
朝食は散歩から帰ってきて直ぐに食べるため、お袋が作る必要はなかった。

( ゚∀゚)「あ、母さん! いってきまーす!!」

J( 'ー`)し「あ、あぁ……ジョルジュ。 ゴホっゴホっ!!
      いってらっしゃい……」

( ゚∀゚)「ん? どうしたん、風邪でも引いたのか?」

J( 'ー`)し「う、うーん。そうかもしれないねぇ、ケホっ……ゴホっ!」

( ゚∀゚)「無理すんなよ……じゃ、行ってきまーす」

俺は家を出て、学校へと向かった。
今日は補習日で半ドンだから、直ぐに帰ってお袋の世話をしてやろう。

あの鳩の世話も、しないとな。


28 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:42:48
高校ってのに、俺は何の楽しさも見出せなかった。
ちょっとした進学校だからだろうか。もう入学して4ヶ月は経っているのに、
まともな友達も……出来やしない。 あるのは予習と小テストの毎日。

( ゚∀゚)「……他の高校行きゃ、よかったんかね……」

かといって、小学中学と、大して友を持っていないが。。。。


父も、海外へ単身赴任をしていて、ロクに顔を見たこともない。
母さんにばっか、俺は頼っていた。

つくづく、今の自分には何もないということを実感させられる。
そりゃぁ、ビールだって飲んじまうさ。タバコもやっちまうよなー。
神様よ、それくらいは許してくれや……


……はあ。そう考えているうちに、授業はいつの間にか終わっていた。

俺は終わると同時にダッシュで校門を出て、
自分の家へ……いや、その前のコンビニへ寄る。
咳止め薬と、鳩の餌用のピーナッツを買うために。
……まぁ、500円ありゃ大丈夫だろ。

俺はコンビニ「トンクス」へ一目散に走った―――………


29 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:43:12
・・・・・・・

( ゚∀゚)「ただいまー」

俺はコンビニ袋を掲げ、帰宅する。
しかし、「おかえり」の返事が返ってこないことに、不思議に思う。

( ゚∀゚)「母さん? 居ねえのー?」

注意深く探りながら歩いていると、和室の方から
かすかに咳音が聞こえた。

もしかして……。

( ゚∀゚)「母さん!?」

俺は和室の襖を勢いよく開ける。
そこには、明らかに先ほどよりも衰弱した母が
布団の中、弱弱しい瞳で俺を見つめていた。

J( 'ー`)し「……あ、ァア。おかえり、ジョルジュ……ガホっ、ゴホッ!!」

(;゚∀゚)「だ、大丈夫かよ母さん!! ちょ、病院行こう!」

J( 'ー`)し「だ、大丈夫だよジョルジュ……。少し風邪が、こじれただけ……」

(;゚∀゚)「そ、そんなこと言ったってよぉ!!」


30 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:43:57
この様子では、もう医者に見せるしかない。
それほどまでに、母さんは弱っている。

J( 'ー`)し「ジョルジュ……」

(;゚∀゚)「な、とにかく行こうぜ! 診療所は目と鼻の先にあるしよォ!!」

捲くし立てているうちに、バサバサっ、と音が背後から聞こえる。
振り返ってみると、あの鳩がいつの間にか一階に降り立っていて、
母さんの近くまでトコトコと歩き、口ばしで母さんの体につつく。

J( 'ー`)し「この鳩は……」

(;゚∀゚)「怪我してたから保護してんだ。 な、母さん。こいつも、行けってさ」


俺は何とか母さんを説得して、
診療所へと連れて行った。

診断結果はただの風邪だそうで、帰りがけに抗生物質を2、3個貰って

 その日は終えた。

・・・・・・・・・

朝、いつも通りの散歩を終えて、俺は自室へと向かった。


31 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:44:35
すると出迎えるように、鳩が小さく鳴いた。

( ゚∀゚)「いよっ新しいピーナッツ買ってきたぜ」

昨日買っておいた分は、一日のうちに平らげてしまっていた。
確かに一番小さいサイズの袋を買ったが、だとしても食い過ぎだ。

回復の目処が立っている、てことなんかな。


( ゚∀゚)「……母さん、大丈夫かな」

俺は鳩に話しかける。
無論、返事など期待していない。ただのボヤキだ。

( ゚∀゚)「昔っから自分のことはおざなりでさ……
     ホント、俺がいねぇと、いつの間にか倒れそうでよ。心配なんだわ」

鳩が目をパチクリさせる。

( ゚∀゚)「一緒に祈ってくれるか? 母ちゃんが治りますように、てさ」

その言葉に返答するかのように、鳩は頷くようなしぐさを行った。

そんな、何処か滑稽なやり取りをしていく内に、
俺はふと強烈な眠気に襲われた。

今は5時半。
母ちゃんが起きる時間にはまだまだだし、と
俺は眠気に逆らわず、ベッドに入った。

1分もしないうちに、意識は夢の中へと誘われていく。


32 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:46:44
……―――……

母さんが、必死に走っている。
どういうことだろう。
俺は天からの視点で、それを眺めている。

気付く。母さんは、何かから必死に逃げていた。

俺は視点を母さんから、少し離して、進行方向とは反対を見る。


鬼だ。
ヘドロのようにドロドロした形状の鬼が、母さんを追い掛け回していた。
体から溢れる体、気持ち悪くグリグリとしている丸い目。  反吐が出る。

母さんを助けたい! そう願ったとき、
俺は、肩を叩かれるような感触を覚えた。
ふりむけば、そこにはその鬼が 口を開けて   立っていた 


(;゚∀゚)「ハっ!!」

俺は悪夢から飛び上がるように起きる。
そして時計を見る。
8時半。

まぁ、そんなもんか、と思いながら空を見て、俺は愕然とした。

(;゚∀゚)「……ッ暗い……?」

そんなバカな!!


33 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:48:00
何で8時でこの暗闇の空なんだよ!! おかしいだろ!!!
8時で暗いって言ったら、午後の話じゃねェか!!

それじゃぁ何か。
俺は、14時間以上寝ていたってワケか?

そんなこと……!

(;゚∀゚)「ありえない……!」

俺は急いで一階の和室へと向かった。  母さん!!!

ドタドタと、騒がしい音を立てながら俺は階段を降りる。
どうして、どうして俺は半日以上眠っていたんだ?

それはつまり、母さんが俺を起こせる状態ではない、てことだ。

っく……今、母さんはどれほどの痛苦に耐えているのだろう。

ちくしょう、ちくしょう!
……あれ、そういえば。 起きたときに鳩の姿が見えなかったような……?

(;゚∀゚)「母さん!!」

まあいい。俺は和室を覗き、

そして  その光景を見て力なく腰が崩れてしまった。。。


34 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:49:06
(;゚∀゚)「……え、……へ、……え?」

おかしい。

目の前の母さんだったであろう、その"肉塊"は1匹の鳥の餌となって、
腐臭を漂わせながら段々と原型を失っていった。

そして、その腐肉を食いつばんでいる鳥……には、見覚えがある。

……あの、鳩だ。


(;゚∀゚)「うわああああああああ!!!!!」

俺の金切り声の絶叫を聞き、その鳩はくるりと俺の方へ体を向けた。

クリクリとした目が、狂気を滲ませて俺に凄惨な雰囲気を味合わせていた。
真っ白な体に母さんの血を浴びた、鳩のその体は

カラスのように黒ずんでいた。
カラスのように黒ずんでいた。
カラスのように黒ずんでいた。
カラスのように黒ずんでいた。
カラスのように黒ずんでいた。


35 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:50:41
カラスのように黒ずんでいた。

(;゚∀゚)「……お、鬼め……」

その"鬼"の足を何気なく見た俺は、更に驚愕した。
足が、 さんぼん あるぞ

何で、何で、何で……。
あの右足の異様に肥大したその姿は、「もう一本の足を隠していた」とでも?

三本足の、カラス。 聞いたことがある。

(;゚∀゚)「やた……がらす」


伝承では、神の使いなんだっけ?  

あはははははあああはあははははは
だとしたら、神はとんだ狂食人種の仲間だなぁあぁあぁぁぁぁぁあ

( ゚∀゚)「えはははははははっはははははは………」

タガが外れたように、笑いが止まらない。
しゃっくりのように、無意識のうちに、いつまでもいつまでも腹からワキオコル


"やたがらす"が俺へ向かって、羽ばたいてくる。
母さんの血を、匂いを漂わせながら――――――

……そして、俺は気絶した。

だが、俺はすぐに、起こされる羽目となった。
どうやら鼻を噛み千切られたようで、       イタイナァ


36 : キレイキレイ ◆tOPTGOuTpU :2007/07/08(日) 10:56:48
('A`)「……どうよ」

ドクオは多少自慢気に、他の二人を一瞥しながら
指で蝋燭の火を潰し消した。

(;^ω^)「ほんと、ドクオって悪趣味だお」

(´・ω・`)「反吐が出るぞ、せっかく暗い空気を晴らそうと考えたのに……」

(;'A`)「えぇ! 駄目かぁ!!」

(´・ω・`)「君の怪談話はニーズに一致していないな。やれやれ」

ショボンは目の前に蝋燭を置く。

(´・ω・`)「次は僕が行くしかないようだね。ドクオ、お題は?」

(;'A`)「あぁん!?  え、じゃ……じゃあ……」



('A`)「一人ぼっち」


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mixboon.blog116.fc2.com/tb.php/11-36d8f37c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。